新潟県村上市の北部の日本海に位置する粟島。面積9.78平方キロメートル 、人口370人。この小さな島の粟島浦中学校の皆さんが日本こども映画コンクールに挑戦しようと取り組んでいます。

きっかけは2016年4月に赴任した美術の船山美歩先生です。船山先生は新潟大学教育学部の出身で、大学時代の恩師である柳沼宏寿教授と出会って子どもたちへの映像制作教育の素晴らしさを知ったそうです。柳沼教授は、美術教育における映像メディアの可能性などについて長年、研究しているパイオニアです。

赴任した粟島浦中学校は全校生徒13人。柳沼教授が6月下旬、粟島に渡り、船山先生と一緒に生徒たちに映像制作を指導しました。

島の中学生がどんな作品を制作し、出品してくれるのか、今から楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
https://japan-jfa.com/wp-content/uploads/2015/03/13499856_1379263765433775_473288255_o-1024x576-1024x576.jpghttps://japan-jfa.com/wp-content/uploads/2015/03/13499856_1379263765433775_473288255_o-1024x576-300x300.jpgk-hattoriニュース
新潟県村上市の北部の日本海に位置する粟島。面積9.78平方キロメートル 、人口370人。この小さな島の粟島浦中学校の皆さんが日本こども映画コンクールに挑戦しようと取り組んでいます。 きっかけは2016年4月に赴任した美術の船山美歩先生です。船山先生は新潟大学教育学部の出身で、大学時代の恩師である柳沼宏寿教授と出会って子どもたちへの映像制作教育の素晴らしさを知ったそうです。柳沼教授は、美術教育における映像メディアの可能性などについて長年、研究しているパイオニアです。 赴任した粟島浦中学校は全校生徒13人。柳沼教授が6月下旬、粟島に渡り、船山先生と一緒に生徒たちに映像制作を指導しました。 島の中学生がどんな作品を制作し、出品してくれるのか、今から楽しみです。