東日本大震災からの復興に取り組んでいる福島県双葉郡広野町。町内に一校ある町立広野中学校では、故郷の良さを再発見する「ふるさと学習」に取り組んでいます。その一環として昨年、映像制作を始めました。

今年も1年生による映像制作がスタートしました。1年生21人が5班に分かれて、それぞれのテーマで作品制作に挑みます。撮影本番前の事前授業として、機材講習とリサーチ活動計画などを策定しました。「新たな郷土料理をつくる」や「ポスターをつくって町をPRする」などユニークな題材も多く、指導に当たっている講師陣も生徒たちの想いをどう具現化するか、試行錯誤です。映像制作は9月に行われます。どんな作品ができるか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
k-hattoriニュース
東日本大震災からの復興に取り組んでいる福島県双葉郡広野町。町内に一校ある町立広野中学校では、故郷の良さを再発見する「ふるさと学習」に取り組んでいます。その一環として昨年、映像制作を始めました。 今年も1年生による映像制作がスタートしました。1年生21人が5班に分かれて、それぞれのテーマで作品制作に挑みます。撮影本番前の事前授業として、機材講習とリサーチ活動計画などを策定しました。「新たな郷土料理をつくる」や「ポスターをつくって町をPRする」などユニークな題材も多く、指導に当たっている講師陣も生徒たちの想いをどう具現化するか、試行錯誤です。映像制作は9月に行われます。どんな作品ができるか。