としま映像教育プロジェクトでは、地元豊島区の大正大学の協力のもとプロジェクトが進みました。各班に講師の他に大正大学の学生が付き、生徒と講師の懸け橋になって作品制作を進めてくれました。最終日の上映会も大正大学の学生が夜通しかけて暗幕の設置やデコレーションを行い、雰囲気づくりに協力をいただきました。参加した学生からは、「子どもたちの作品制作を通じて、大人が気付かされることが多かった」といった感想が聞こえてきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
k-hattoriニュース
としま映像教育プロジェクトでは、地元豊島区の大正大学の協力のもとプロジェクトが進みました。各班に講師の他に大正大学の学生が付き、生徒と講師の懸け橋になって作品制作を進めてくれました。最終日の上映会も大正大学の学生が夜通しかけて暗幕の設置やデコレーションを行い、雰囲気づくりに協力をいただきました。参加した学生からは、「子どもたちの作品制作を通じて、大人が気付かされることが多かった」といった感想が聞こえてきました。