豊島区立高松小学校の6年生が映画の題材として注目したのは、学区の近くにある「ふるさと千川」。これは、廃校になった旧千川小学校の跡地に建てられた老人ホームと保育園を併設した施設。生徒たちは、この施設を取材しながら「地域で暮らす」ということの意味を考えました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
k-hattoriニュース
豊島区立高松小学校の6年生が映画の題材として注目したのは、学区の近くにある「ふるさと千川」。これは、廃校になった旧千川小学校の跡地に建てられた老人ホームと保育園を併設した施設。生徒たちは、この施設を取材しながら「地域で暮らす」ということの意味を考えました。