第2回日本こども映画コンクール 入賞作品18本が決定!!

「第2回日本こども映画コンクール」 の入賞作品が決定いたしました!

日本こども映画コンクールとは、小学4年生~中学3年生が製作した10分以内の映画が対象の、こどもたちのための映画コンクールです。
本年度の応募作品は158本と、昨年度の1.5倍の本数でした。
厳重なる審査の結果、本年度の入賞作品は18本に決定いたしました。

18本の作品はこれから、佐藤忠男委員長、別所哲也審査員、灯敦生審査員、木村光則審査員、高橋恭子審査員による最終審査を行い、2月17日(土)に開催する表彰式にて受賞作品を発表する運びとなります。

以下、本年度の入賞作品18本の作品名と出身都道府県です。

(順不同)
●『みみずくの一声~母への愛~』 東京都
●『Treasure Island』 東京都
●『めざせ!目白マスター』 東京都
●『鮭川村の一日』 山形県
●『5-3 一日密着取材』 東京都
●『大怪獣カピトドン』 東京都
●『いいたて温泉同好会 in きこり』 福島県
●『飯舘村「笑顔の扉あけて!」』 福島県
●『ウィッチトライアル』 愛知県
●『どん兵衛ハンター』 愛知県
●『中学生がバカっこいいことやってみた』 愛知県
●『まじょのおうちたべたいな』 東京都
●『Me and Me』 福岡県
●『届かない声』 島根県
●『ミサンガの絆』 神奈川県
●『未来へ昇れ!昇龍太鼓』 福島県
●『ブロックムービー』 福岡県
●『防災 未来につなごう 私たちの力で』 熊本県

以上18本が本年度の入賞作品です。
入賞したみなさま、おめでとうございます!!

また、本年度ご出品いただいたどの作品にも言いたいことなのですが、
とにかく、非常にレベルが高い大人顔負けの作品が数多くございました。
今日のこどもを巡る映像環境の変化、そしてなによりも、こどもたちの卓越した感性が爆裂した素晴らしい作品群でした。

一次・二次審査を経て全ての作品にコメントを頂いておりますので、
後日全ての皆様にコメントを送付いたします。こちらはしばらくお待ちください。

事務局としては表彰式の構成演出を、大正大学の学生インターンシップ7名のメンバーと急ピッチで進めています。こちらも、がんばるぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です