映像の世紀を
生きる子どもたちへ

現代、子どもたちには社会を生き抜く力として、情報を主体的に読み解き、批判的思考力を持って活用する「メディア・リテラシー」が求められています。
私たちはメディア・リテラシーの習得を、映像製作による教育方法での展開を試みています。

2011年3月11日に発生した東日本大震災と原発事故によって、避難生活を余儀なくされた福島県双葉郡広野町。
複雑な背景を持つ原発被災自治体では、「当たり前の日常」を失った子どもたちに故郷の良さを再発見して未来を創造してもらいたいという願いが強く、2015年夏、広野町の中学生を対象に映像制作を通じた「被災地の地域コミュニティ再生」と「心の復興」(文科省支援事業)に取り組みました。
その活動の中で子どもたちは、議論を重ね、カメラのファインダーを通して故郷を見つめなおすとともに、それぞれの想いを切り取りました。完成作品の鑑賞会では仲間への協力に改めて感謝すると同時に達成感から充実の笑顔を見せてくれました。

日本こども映画コンクールは、
子どもたちに映像制作を促し活動を讃え、
その笑顔を日本中へ世界へ届けることを目標に開催致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で