応募要項

1.参加資格
脚本、監督、カメラマンなど製作スタッフは小学校4年生~6年生の小学生と、中学校1年生~3年生までの中学生を対象として実施します。国籍は問いません。対象年齢に該当する海外の子供たちの参加も認めます。
※編集・撮影時に大人の手が加わった場合、主体が子どもであれば可とします。詳しくはお問い合わせください。

2. 応募の規定

  1. 2018年1月以降に制作された作品であること
  2.  テーマ、ジャンル:自由
  3.  制作方法:自由(実写、アニメ、CGなど、すべての映像表現が対象となります)
  4. 分数:10分以内
  5. 作品に既成のキャラクター、シナリオ、音楽等を使用する場合は、事前に著作権者の許可を得ることをお願いします。無許可の作品は審査対象といたしません。
  6. 他のコンクール等に出品した作品の参加を認めます。

7. 賞

■ グランプリ 1作品
■ 準グランプリ 1作品
■ 審査員特別賞 1作品

その他、多数の賞をご準備しております。
一次審査を通過した作品は「入賞」といたします。また、審査後に賞が追加されることがございます。

8. 応募作品の利用

  1. 受賞作品は、全国無料衛星放送局「BS11」の特別番組で放送します。他に、主催者側が運営するネット動画等で配信予定です。
  2.  受賞作品は、本映画コンクールのライブラリーに所蔵します。
  3. 受賞作品は海外の国際映画コンクールへ出品する場合もあります。
  4. 授賞式にて上位作品の上映(フル尺)を行います。

* 注釈通算15回続いた「全国こども科学映像祭」(一般財団法人日本視聴覚教育協会)が2016年度で終了しました。本コンクールは「全国こども科学映像祭」の伝統を引き継ぐこととしました。この分野に挑戦した子供たちの作品応募も期待しています。